ヴィッセル神戸 安田理大に直撃!!

きよしがいく

(2015年9月17日撮影)

ヴィッセル神戸 安田理大選手を直撃

きよし:今回のきよしがいく。なんとヴィッセル神戸、安田理大選手に来ていただいております。

安田理大: はい~!

きよし:こんにちは!

安田理大: こんにちはー!こんな感じでいいのね?(笑)

きよし:こんな感じで(笑)始まってますよねコレ?もう始まってるらしいですねすいません(笑)今日はね、安田理大さんに突撃インタビューじゃないですけど、このキャラなんで色々と面白い話がイッパイ出てくると思うんで、引き出しながらしっかりと長所をバンバン出していきたいと思います。今日はよろしくお願いします。

安田理大: 結構真面目やからな(笑)

ヴィッセル神戸へ移籍して

きよし:今シーズンに神戸に来ましたけど、ヴィッセル神戸に来た意図・理由は?

安田理大: 神戸に来た理由?もともと関西やから地元が。小さいとき神戸で育ってるし、なんだろう「関西に帰って来ちゃえ」っていうのもちょっとあったし。
きよし:久々にね。魅力、街の魅力は?

安田理大: オシャレ 飯ウマい 神戸城?

きよし:おぉ、全て揃ってんじゃんそれ!

安田理大: うん、だからそういう街とかも含めて。まぁ去年サガン鳥栖にいたけど、俺家が福岡やったから。

気になるケガの状態

きよし:あっそうか、じゃあ通ってたってこと?でも近いか。今あれっすよね、ミッチーは怪我?

安田理大: 今怪我やね。

きよし:どうですか怪我の状態は?

安田理大: 左足の内側いってんけど、いや俺サッカー人生で怪我すんの初めてやから、こんなに大怪我。

きよし:初なんだ!そんな大きい怪我は。

安田理大: うん初。サッカーで怪我で練習休んだことあんまりないから。離脱とかも

きよし:そうでしょ、うんうん。

安田理大: 今年神戸来てホンマ怪我ばっかで。

きよし:なんかアレじゃない、憑いてんじゃないの?後ろに(笑)

安田理大: いや俺もう厄払い三回行ったで、ホンマ。

きよし:あ、うそ、行った?(笑) そういう年じゃない?

安田理大: う〜ん、なんでやろわからん。まぁでもそういう年もあるでしょ。

きよし:まぁまぁまぁ、人生生きててね。

安田理大: そやろ。良い年も悪い年もあったやん。

きよし:俺も病気になったしね。

安田理大: スマイルファイトでしょ(笑)

きよし:そういうこと。スマイルファイトp(^_^)qありがとうございます(笑)ということでね、もう足の怪我は大分良くなったの?

安田理大: そうだね、だいぶ良いね。

きよし:じゃあもう復帰間近?

安田理大: 多分もうあと1,2週じゃない?

きよし:あ、そう。練習参加は?

安田理大: 練習もうしてるよ。練習てか、練習前の最後のフィジカル追い上げ段階やから、そうすると練習入ったらもう100%てことやから、そしたら試合も出れるしって感じかな。毎年俺、秋から調子上がってくから。俺の季節秋からやから。夏暑いし(笑)

きよし:季節あるんだ(笑)

安田理大: そう、あるある(笑)

きよし:秋の男みたいな

安田理大: 秋の男やから、秋から冬にかけてね。

きよし:「秋の男 安田理大。」なんかね〜良いね、一句できそうじゃん。

安田理大: でもすぐ終わるけどね。秋、冬、おわり(笑)

ヴィッセル神戸の魅力

yasuda-insert

きよし:(笑)じゃあ次に、ヴィッセル神戸のチームとしての魅力は?サッカーのほうの。

安田理大: 去年サガン鳥栖で神戸と試合したときに、神戸強いと思ったし、その時の印象もすごいあって。

きよし:メンツ良いでしょ。

安田理大: うん、メンツ良い。メンツ良くてポテンシャルのある若手も多く居て、いいなーと思ったのも来たかった理由というか。

きよし:監督もね、ネルシーニョさんになって。

安田理大: そう、ネルシーニョになって、Jリーグでは凄い名将やし。

きよし:知ってるもんね、日本のサッカーをね。

安田理大: そうそうそう

きよし:そういう分でやっぱりミチの魅力も引き出してくれるんじゃないの?

安田理大: いやもうね〜、練習キツすぎるね

きよし:あ、やっぱそうなんだ。

ハードな練習の日々

安田理大: うん、練習めっちゃキツい。30歳オーバーの選手とかも容赦なく一緒の練習メニューするし、練習でやった選手がヤツが試合出れるって感じやから、そういう意味では全員フラットやから良いかな。

きよし:なんかフィジカルコーチのフィメンテナル?

安田理大: フィメンテル?

きよし:がすっごいハードって聞いたんだけど。

安田理大: いや、めっちゃハード。ばり煽ってくるし。

きよし:もう、キツいんだ、負荷がかかる系?

安田理大: そうそう、まぁいいけどねすごい。

きよし:どんな感じなの?負荷の掛け方は。有酸素とかいろいろなメニューあると思うけど。

安田理大: アップとかが無くて、ラダー最初からMAXでやって、みたいな。筋トレも週二回やるし。

きよし:身体的にはキレてくんじゃないの?逆に。

安田理大: 1stステージでは結構怪我人も多かったし、慣れんくてみんな疲れも溜まってたけど、2ndステージ入ってみんな身体も動いてるし、長いスパンで見たら良いんやろなって思う。

きよし:なるほどね。そういう分ではやっぱりタイトル欲しいよね。

セットプレーの精度

安田理大: うん。[カンペ]

(神戸は今シーズン、セットプレーやクロスからのゴールが多い気がします。どうお考えでしょうか?)

あぁ〜、まぁ背ある選手が多いし、キッカーも韓国代表のウヨンが蹴ってんねんけど良いボール蹴るし、

きよし:良いボール蹴るよね。

安田理大: まぁ守備もやっぱり、結構セットプレーの練習に時間割いたりするし、セットプレーは間違いなく今シーズンポイントになってると思う。セットプレーで点とれるチームってやっぱり強いと思うし、それで1−0とかで勝ったら、もうそんなラッキーなこと無いし。

きよし:またFWのレアンドロも加入して、

安田理大: そう、レアンドロとかも良いし、そこには結構みんな賭けてるってところはあるよね。

きよし:良いメンツが揃ってるのに失点が多いことについては?

安田理大: 失点が多いってのはね〜、セットプレーからの失点も多いねん。でもそれは、俺ヴィッセル神戸加入したときにも思った。セットプレーの練習してるときに今までいろんなチーム行ったけど、セットプレーの練習して、入れられるのって大体多くて1点か多くて2点だけど、神戸ってトップチームでもトップチームじゃ無いほうも3点くらい入んのよ。セットプレーの練習で。だからもうそんなん入れられんのは集中力でしょ。

きよし:まぁそういうことっすよね。

安田理大: 集中力と気合でしょ。

きよし:気合(笑)メンタルね。まぁついてるついてないってのは当たり前の世界じゃん。ポジショニングとか気持ちで負けない。

安田理大: で今やっぱゾーンディフェンスやから、結構その、難しいよね。どうしてもやっぱ「そこ俺のゾーンか」みたいになってまうし。

きよし:それでね、中途半端に来たときに間にズドンみたいにやられても。

安田理大: そう、マンツーマンじゃないから「どっち?」みたいになるやん。まぁゾーンで守れたら一番楽やからそれで守れたら一番話は早いんやけど。

きよし:まぁ確かに確かに。そのリスクもあるよね、ゾーンって。

安田理大: でも最近なんかやられてないから続けるしかないよね。慣れていくしかね。

TOPへ