浦和レッズ アカデミー出身選手としての誇りを胸に!

JOTV

アカデミー出身選手として

城: ほんと生え抜きの選手というか、浦和には中学からかな?

関根貴大: 中学校からですね。

城: 入団してトップチームへ昇格してということで、最初浦和に入団したときに、トップまで上り詰めようって思ってた?

関根貴大: そのイメージしかなかったんですけど、やっぱり中学校の時は夢というか、それだけを目標に頑張ってやってて、高二くらいに現実見始めて。

城: 俺もいけるんじゃないかって?

関根貴大: 俺はいけるのかいけないのかっていうところで、少し厳しいのかなとも思い始めて、高三でどうなのかなっていう、正直不安の方が大きかったですねそこからは。

城: そっか。でもやっぱりトップチームは憧れの存在であって。

関根貴大: そうですね。

城: まさか最初はね自分がいくとは思わなかったよね。

関根貴大: 思わなかったところが大きいですね。

トップチームへの昇格そして『原口元気選手』の存在

関根貴大

城: どう?トップチームに昇格するって伝えられたときは。

関根貴大: 素直にうれしかったですし、ただユース出身アカデミー出身の選手で試合に出てるのが元気君(原口元気)だけだったので、そういう風に自分はなりたくないってそこからまた新たな強い気持ちを持って入っていこうとは思いましたね。

城: そうだね。元気はずっと生え抜きできて、あそこまで活躍して、今は海外までいってるし。その中でも元気の存在は大きかった?

関根貴大: 大きいですね、やっぱり。

城: 仲いいんだよね?

関根貴大: 元気君とはやっぱり(浦和に)いたときも色々なところに誘ってもらいましたし、プライベートでもお世話になってましたね。グラウンドでもそうですけど。

原口元気選手との関係

城: 今は海外に行ってるけど、連絡たまにとったりするの?

関根貴大: たまにですね。最近はあんまり……この間の代表戦の時はしましたけど、あまり最近はそれくらいしかしていないですね。

城: じゃあ海外の話とかあまり聞いていないの?

関根貴大: そうですね。自分があまり調子よくなかったときにアドバイスもくれますし、的確に物事を答えてくれるので、回りくどいことは言わないんで。

城: ストレートにぼんっと?

関根貴大: ストレートに言ってくれるので。

城: じゃあ傷つくことも言われる?(笑)

関根貴大: 言われますね。本当にストレートに言ってくれるので、逆にそこがいいところだと思いますし、そこで吹っ切れる部分が大きかったですね。道筋は結構似ているところがあるので、そういうところを分かってくれるのが大きいと思うので、アドバイスくれましたね。

背番号#26 → #24への変更

城: しかも背番号もさ、意識してるの?24番。なんか計算しているような……。

関根貴大: そうですね、はい。今年24番にして欲しいですって頼んで。

城: 自分から?

関根貴大: はい。

城: それは、やっぱり継承したいっていう思いがあるの?

関根貴大: それもありますね。24番巻いてましたし、背負うことによって自分にもプレッシャーじゃないですけど、サポーターにも期待を持たせている部分、裏切れないという思いもありますけど、つけさせてもらいました。

#9 Mr.レッズへの想い

関根貴大

城: Mr.レッズって言われている9番も身につけたい?

関根貴大: ちょっと……まだイメージできないですね。

城: できない?ほんと?へぇ、俺は全然すぐつけてほしいなぁって、浦和の方に言おうかなぁと思って。

関根貴大: 本当ですか?(笑)

城: そう(笑)複雑って?

関根貴大: 前にユースの時に「9番つけさせてください」ってふざけて言ったら、「100年はやいわ」って言われて(笑)

城: (笑)ほんと?(笑)

関根貴大: はい(笑)結構ガチで怒られたんで……ちょっと複雑なんですけど。

城: でもいつかトップチームでつけられる日が来ると思うし、まだ20歳だからね。まだこれからのびしろは沢山あると思うしね。

TOPへ