Jリーグ 京都サンガF.C. 佐々木勇人が語るボランチ挑戦!

きよしがいく
モンテディオ山形でプロサッカー選手になりガンバ大阪、ベガルタ仙台、京都サンガF.C.と渡り歩いてきた佐々木勇人がサッカー人生初となるボランチ挑戦!その胸中を激白!!

きよし:今日見ててあの、前寄りじゃないけどボランチっぽいポジションに。
佐々木勇人:そう、初めて。
きよし:でしょ?あれって思って。
佐々木勇人:京都きてボランチやってて。
きよし:その、様になっている、というか。
佐々木勇人:まあボールいっぱい触れるからさ、楽しいし。
きよし:勇人サイドでも生きると思うし、さばくのも上手いから。俺も面白いとは思ったんですけどね、見ててね。
佐々木勇人:キャンプ中かな・・・キャンプ中に試合で。ボランチやりたかったんで、結構。サイドだけじゃ年もあってスピードも落ちてくるし。
きよし:サッカー感変わってくるしね。
佐々木勇人:いろんなポジションできた方が自分のためにもなるんで。
きよし:まあ確かにね、2・3個のポジションできたらねぇ、監督としては使いやすいしね。当然もしかしたらね、開花する可能性もあるからね、選手は。スピード系だけど、っていうね。
佐々木勇人:今やってて楽しいですしね。
きよし:こう、感覚違うじゃん?サイドだっとこう・・・張ってて見えるからさ、つけて縦に、とかさ、中に蹴るけど。ボランチは結構密集地帯だから常に判断早くしなきゃいけないし。
佐々木勇人:自由にできるから、フリーでボールもらえたりするし、色々周り見れるから、好き勝手やってるっていうか。
きよし:好き勝手だもんね、小学校から。
佐々木勇人:あはははは(笑) もう自由にやらせてもらってるから。
きよし:小学校の時からほんとみてるからわかるけど、司令塔とか。
佐々木勇人:トップ下とかね、昔は。
きよし:トップ下とか、真ん中真ん中が多いからさ、もっと身体張って、「ちびんこギャングディフェンス」いけよと。
佐々木勇人:そりゃ試合になったらね、いくよ!
きよし:まあスパイク持ってきてたらね、ほんとはちょっとグラウンドでパス交換くらいやりたかったけどね。
きよし:勇人が「勇人」っていうキャラクターがすごいからでしょ。つばさくんみさきくん的な感覚で・・・

TOPへ