富澤清太郎選手がジェフ千葉移籍デビュー戦で感じたこと!

きよしがいく
2015年7月12日ザスパクサツ群馬戦でのデビュー戦を振り返っていただきました! チームの印象もお聞きしてます!!是非、ご覧下さい!!

ジェフユナイテッド市原・千葉 J1昇格へ!富澤清太郎選手を直撃!

きよし:どうですか その 移籍してすぐのデビュー戦 草津戦ありましたけど ちょっと振り返っていただいて
富澤清太郎:いろいろこうここに来る前にも色々な方と話している中で、やはりこの僕自身の力を出せば絶対勝利できると自分も思っている中で、試合でいえば、もう自分ができるものそのときにできることというのはやったと思うんですよ。でも結果がついてこなかった。やっぱそれはすごくね、なにかこう考えさせる不思議な感覚にいましたね。今までそうやってそういうときに必ず勝ってきたし、でも勝てなかった。 言ってはよくないとは思うんだけど、絶対的に勝たなくてはならない相手だったし、能力的にもそれでやっっぱり勝てなかったから。
きよし:なるほどね。
富澤清太郎:その勝利に対する自信が100あったから、それがこう85なのか70なのかわからないですけど それくらいに少しこう減らされた試合でしたね。それは多分考えること。やっぱり人は考えればね。大切なんだけど、体が例えば動かなくなったりとか、本来の力が出せなくなったりとか、すごいメンタル的なところっていうのが非常にサッカーでは大事でそういう部分で100あったものは少しこう減らされ感覚には陥っていたのかもしれない。
きよし:思い知らされたっていうか、次につながるゲームだった。
きよし:チームはどうですか?チームの印象は、カンペイからみて?
富澤清太郎:まだまだ勝つためにできることがたくさんあるチーム。
きよし:これからねもっとね。
富澤清太郎:そこは選手、そこはやっぱ勝ってきたし、その勝っていく選手たちも知っているしそういう意味で言えば、とにかくクラブ自体はしっかりしているから。
きよし:まちがいない!J1だよね本当に。
富澤清太郎:いやもう、まちがいない
きよし:環境とかまちがいない。人もねいい選手もそろってますし。
富澤清太郎:だからいろんなね、本当に抱えていると思う。そこを当然J1を知っているクラブ関係者の人たちとかもいると思うし。
きよし:そうだねたしかに。
富澤清太郎:これね出せるとわかんないけど、一言で言いたくなるところもあると思うたぶん。ジェフも勝ってきているチームだし。
きよし:そうね、そうね。こないだ、勇人くんとも話したけど、2期2年連続でね入れ替え戦までいって上位に食い込んでいるチームで、最後のところでっていうのが悔しい思いをしているっていってたし。それもふまえて、やっぱ今年にかける思いとか強いって言ってたからそれはねえ、やっぱこううまく。
富澤清太郎:「あれだよね、本当のプロの集団のほうにもう少し人がなびいていけたらいいよね。それを押し付ける気も全然ない。自然とこういうところなんだっていうのを、まあ各々がこう自覚を持って、自立して。そうそう各々が、そういうところに進んでいけるんで、やっぱそういうチームが勝つんだよね。やっぱそれぞれ上にいく選手はほんとに意識高いし、その一日ある24時間をすごくサッカーのために費やしていると思うし。
きよし:常にね!サッカーのことを考えてね。

TOPへ