富澤清太郎選手が初めて語るジェフ千葉移籍への思い!

きよしがいく
2015年7月8日に横浜F・マリノスから電撃移籍をした経緯をお聞きしてます!! ※2015年8月5日収録

きよし:本日のゲスト、ジェフユナイテッド市原・千葉のとみざわ清太郎選手に来ていただいております。
富澤清太郎:宜しくお願いします。
きよし:お願いします。ちょっと黄色が眩しいんですけど。
富澤清太郎:きよしくん、あの〜長い付き合いなんですけど、とみざわじゃなくてとみさわなんですけどね〜
きよし:すみませんでした (笑) とみさわ清太郎くんです(笑) すみません。
富澤清太郎:いい入りですね(笑)
きよし:いい入りですね〜(笑) いい入りですね〜(笑)
富澤清太郎:長い付き合いなはずなんだけど(笑)
きよし:間違いない(笑)
富澤清太郎:未だに名字を覚えてもらえて無いっていう(笑)
きよし:あの〜
富澤清太郎:そういうスタートで(笑)
きよし:僕の呼び名は清太郎くんって呼んだことなくて、知ってる人は知ってるんですけど、カンペーくんってみんなに言われてるんですけど、カンペーくんって言っても多分わかんないんでカンペーくんの由来からじゃ~聞いていきたいんですけど?
富澤清太郎:聞いていきたい!?
きよし:はい。知ってる人は知ってるんですけどね。もちろん。
富澤清太郎:そうですね、僕小学校ヴェルディだったんですけど、ヴェルディと
いえばやはりやんちゃなと活発な子がいるなかで
きよし:間違いないです
富澤清太郎:僕がただ目が細いだけで
きよし:(笑)
富澤清太郎:風間寛平だと(笑) それ以来カンペーってつけられて
きよし:ハイハイ
富澤清太郎:この何年ですか?サッカー界で
きよし:長いですよね〜
富澤清太郎:定着して未だにカンペーです。それが由来です(笑)
きよし:長いですよね〜
富澤清太郎:ほんとですよ。
きよし:すごいよね〜、いちょ〜同い年なんですけど、小学校からカンペーカンペーって聞いてて、ほんとカンペーっていうのかなって思ったら、あだ名だって聞いて、そうなんだ〜ってちょっとビックリしてそこからプロに行ってプロでも定着して、みんなにカンペー、カンペーってね
富澤清太郎:それをきっかけに、本家とね〜
きよし:コラボ(笑)
富澤清太郎:出会うこともあったんですけど
きよし:そうですよね、コラボレーションこの間、間寛平さんとね〜してましたしね
富澤清太郎:本家からおゆるしを頂いて名乗らせて頂いてますね。
きよし:それは凄かったですよね〜イベントごとでね〜
富澤清太郎:(笑)
きよし:流石ですよ〜コラボレーション!カンペーさんの秘話も聞いつつちょっと黄色いユニホームに袖を通してますけども、電撃移籍という感じで世間をちょっと騒がしたカンペーさんではありますけども、ちょっと移籍を決めた理由をね聞ければと思いますけども
富澤清太郎:う〜ん、はい、
きよし:真面目なトークでいいんですけど
富澤清太郎:あまりこういったところで、そんなに話してない
きよし:そうっすよね
富澤清太郎:と思うんすけど、話てんのかな〜、ま〜あの〜2012年ですか、マリノスに移籍して
きよし:はいはいはい
富澤清太郎:13シーズンから、チームもうまく起動にのり優勝争いや又、天皇杯を取る年となったんですけど、そんなかで自分
の中での、そうですね〜夏前かな〜夏ぐらいですかね〜何か僕自身の富澤っていう人間があってそこが持てる物を何かやりきってしまったような感覚におそわれる事があり近いところでみじかな僕を支えてくれてる方達にはそういう話はした事があったんですけど、やはりそういう事を思うと当然いろんな事が、思ったことによってそういう方向に進んでいくわけで、こういうタイミングになりましたけど、スタートはそういう思いからの
きよし:はいはいはい
富澤清太郎:プレーでもそうですし、プレーで言えば自分が常にもっと上にいきたいと思う中で何かこう、これが限界というかチームでも完成されてた部分もあったんで
きよし:はいはいはい
富澤清太郎:それを継続してやっていくことも非常に大事だったんですけど色々チームが変化求めていく中で、自分も更に上を目指そうと思った時にやはりそういう思いが出てきて、そして今回ですね出たり出なかったりというマリノスの中でもあり、その時ねジェフさんからのオファーをいただいて、凄くこれだという思いになれたことによって移籍することを決断しました
きよし:もうきっかけってことですよね。マリノスでプレーして一皮むけるじゃないですけど、またステップアップ、人間的にもプレー的にもできる
富澤清太郎:そうそうそう
きよし:新たなカンペーの
富澤清太郎:そうそうそう
きよし:っていうスタイルを
富澤清太郎:やはり考えた時に、例えばJ1同士で移ったときとか、又、海外に何かこう挑戦を求めてだったりとか、いろんな頭に浮かぶ中でここが一番自然だったし、やっぱ這い上がろうと思わないと強い力って出ないと思うから
きよし:そうだね、確かに
富澤清太郎:いろんな条件が、あとはやはり、選手としてまだまだ先を見てるんで当然長く続ける為には素晴らしい環境って必要じゃないですか。
きよし:間違いない
富澤清太郎:ジェフはもってたし、苦しい部分もあるし、助けて貰える部分もあるんで、総合的に考えてやっぱここに自然と惹かれたのは当然だったのかなと思ってます。

TOPへ