FC東京 森重真人が ドログバの秘密を暴露!?

きよしがいく

世界との差

きよし:世界との差とか、やってみてやっぱどうなんすか、外人は?

森重真人:センターバックなんでやっぱゴール前での一瞬の駆け引きでやっぱ勝負が決まるんだなってのをすごい痛感、前回大会で。

きよし:うん。

森重真人:痛感させられたのでまあどれだけこのチームで組織的に戦っていく、まあ勝負が決まることっていうのはやっぱ個人の戦いのところになるので、まあそこでやっぱりセンターバックとして勝てればチームも勝つと思うし、まあそこで負けてしまえば相手の得点になってしまうのでまあそういう一瞬のために努力するっていうのが大事ですね。

きよし:センターバックだったらやっぱりフォワードとマッチアップすることが多いと思うんだけど、この選手嫌だったなとか、この選手臭いが臭かったなとか良い臭いだなとか、そういうのちょっと教えて欲しい。やっぱりやった本人にしか分かんないと思うんで、実はこうだったとか。

ドログバの秘密

森重真人:まあドログバ良いにおいした

きよし:ドログバいいにおいなんすか

太田宏介:ドログバはめっちゃいいにおいなんすよ

きよし:実は!

森重真人:やっぱりスターだからやっぱり。

きよし:やっぱり試合前に香水かぶってんすかねあれは。

太田宏介:浴びてるんでしょうね、それか浸かってるんでしょうね、香水風呂に。

きよし:ああなるほど、半身浴とかで。めっちゃいいにおいするんだ。

太田宏介:らしいですよ。

きよし:それはちょっとね、あんま聞けない話なんでね。ドログバさんがいいにおい。

太田宏介:これ一番聞きたかった情報ですね。

きよし:一番聞きたかったですね。みなさんたぶん知らないと思うんでドログバさんがどれだけいいにおいで試合に向かってるか、そういう経験されたってことはやっぱりいい経験ですね。分かんないっすもん。最高ですねそれは。どうですか?逆にちょっと。

太田宏介:逆に?

マッチアップしたい選手

きよし:宏介からして代表でやってる外人とかいろんな選手とやってると思うんすけど。

太田宏介:まあ全然僕は経験少ないんでまずはそういう選手とやりたいなっていうちょっとミーハー的なところありますね。

きよし:でもやったらやっぱねもちろん宏介も代表選手として左サイドだれとマッチアップしたいなとか。

太田宏介:マッチアップ?どうすかね

きよし:海外の選手だったら。

太田宏介:はい。カフー。

きよし:(笑)

森重真人:(笑)

太田宏介:俺やっぱり左サイドなんでマッチアップするとしたら相手は右サイドバックかな。

きよし:カフーさん。

太田宏介:カフー。

きよし:カフーさん。

太田宏介:それかジョルジーニョ(笑)

きよし:けっこう歴代の選手(笑)

太田宏介:まあ。

きよし:まあ最高の選手っすよね。世界を代表としている。

太田宏介:マッチアップできる機会があれば。カフーなんか抑えたら嬉しいなあって思いますけどね。どうですか?きよしさんは誰とマッチアップしたいですか?

きよし:僕っすか?僕はやっぱり。

太田宏介:きよしさんがフォワードとして。

きよし:フォワードとしてだったらモネールさんとか。

太田宏介:モネール(笑)

森重真人:(笑)

きよし:モネールさんとかと点取った後に喜んでみたい。俺は、マッチアップというより一緒に喜ぶ系。

太田宏介:モネールなんすね。まあアルゼンチン人すからね。

きよし:まあそうですよね。

太田宏介:アルゼンチン代表としてモネール。

きよし:もしかしてくるかもしれないマッチアップ的に。

太田宏介:それもわかんないのがサッカーすからね。

きよし:そうなんす。何が起こるかわからない。

TOPへ