JFL鹿児島ユナイテッドFC山本啓人選手 入団秘話とは!?

きよしがいく
今回はJFL現在首位、鹿児島ユナイテッドFCより山本啓人選手の単独インタビューの様子をお届けします! 山本選手の入団の経緯はきよしと鹿島アントラーズのあの選手のおかげ!? 鹿児島ユナテッドFC誕生までの壮絶な試合の様子を、和やかな雰囲気と共にお届けします!!

きよし:まずはチーム名から、フルネーム・ポジション・線番号を。
山本啓人:申し遅れました。鹿児島ユナイテッドFC、JFL所属、背番号10番、MF、山本啓人と、もうしまーす!
きよし:おねがいしまーす(笑)
きよし:鹿児島ユナイテッドに入る経緯は、どういう経緯で入団されたんでしょうか?
山本啓人:ドラマみたいな経緯なんですけど、なかなかチームも決まらなくて、精神的にもう追い込まれてそろそろ潮時かなってときに、ここにいらっしゃる元ロアッソ・六本木UNIONバーオーナー斉藤紀由さんの推薦と、今年から鹿島アントラーズに移籍したFWの高崎寛之選手の推薦によって、鹿児島ユナイテッドFCの前身であるチームに、ごり押してもらいました。
きよし:はいはいはい・・・なんとごり押しちゃいました。ええ。
代理人でもないんですけどね、人と人とのつながりで。
山本啓人:完全にマネジメントしてもらいましたね。
きよし:完全にね。いやもうほんとうまくね。
当時の監督の片山さんと社長がいたからね、まあ今もいるけど。
そしたらもう地域リーグから大活躍してくれて。
山本啓人:過酷でしたね、地域リーグは。
きよし:新聞にどでかく乗ってたけど、山本ひろと決勝ゴールみたいな。地域決勝か、社会人の。
山本啓人:そうですね、地決っていう。
3日で3試合やりましたね。
きよし:3日で3試合ってさ、すごいよね。高校生だよね。ほんとに。
山本啓人:ほんともう3日目とか肉体はもうわけわからないし。
きよし:今までだからさ、高校生大学生とかそういう試合なかったんじゃない?
山本啓人:大学生でもないですね。人生初でしたね。
山本啓人:ほんともう、こっちっすよね。メンタルですよね。
きよし:肉体はまあ限界来るときはくるからさ、すばらしいね。
それででもJFLにあげたって功績は素晴らしいと思うよ。しかも俺もちょっと嬉しかったもん。俺も嬉しいということはひろとを知ってる人たちはみんな嬉しいと思うよ。それでお前の地位も質も評価もぐんとあがったと思うし。
山本啓人:まだまだですよ。
きよし:ましてや今年背番号10番でしょ?
山本啓人:一応そうなんですけど、まだまだですね。
きよし:これからステップアップして、やっぱりJリーグでやりたいでしょ。
山本啓人:それはもう間違いないですね。
きよし:Jリーグでやってくださいよーほんとに。

TOPへ