首位独走レスター ラニエリ監督 交代策を自画自賛

首位独走のレスター 岡崎慎司 好機活かせず

ラニエリ監督

「相手のDFラインを広げるためにフォーメーションを変更した。FWシュルップを左にMFオルブライトンを右に、そしてFWウジョアを投入した。ボックス内に別のゴールスコアラーが必要だったから、それはいい選択だった。いい采配だった。私の・・」

27日に行われたプレミアリーグ 第27節でノリッジに1-0で勝利した。

首位レスタークラウディオ・ラニエリ監督は自身の采配をこう評した。

岡崎慎司はこの日エース バーディーとの2トップで先発出場。

バーディーからのクロスをゴール前であわせるなど好機を作ったが得点ならず。

69分にシュルップと交代した。その後ライバルのウジョアが決勝弾を決めチームは勝利。

ウジョアは今季3ゴール目でリーグ戦ここ5試合得点のない岡崎の4得点に迫る。

岡崎にとっては悔しさの残る試合となったがチームは勝ち点を56に伸ばし首位を独走。

次戦は3月1日にウェストブロムウィッチをホームに迎える。

ここまでホームで得点のない岡崎の初ホーム弾での勝利を期待したい。

TOPへ