長友の退場に「11人なら勝てていた」

マンチーニ監督「11人なら勝てた」

10人の選手で良いプレーができるとは思わない。11人だったら勝てていたかもしれないが、
でも、ああいうことになって(長友が退場)になってしまった。そうなるとナポリのホームでは勝てない。とても残念だがどうしようもない。

30日、長友佑都のインテルは首位でむかえたセリエA第14節、アウェーで2位ナポリと対戦。44分に長友が2枚目のイエローで退場。チームは1-2で破れ、2位に転落した。

チームについて言えば、インテルとしてやれることに自信がある。順位は今夜の試合で2位になったが、大きくは変わらない。なぜなら勝ち点は(首位と)1差で、そして4〜5チームが首位と勝ち点3〜4差の中にいる。シーズンは長い。その間、多くのチームが1位になり得る。

次節は5日、15位のジェノアと対戦するインテル。混戦のトップ争いを生き残るには下位のチーム相手の取りこぼしは許されない。

TOPへ